「A Tomic」



ガラス製品の照明器具では他社の追随を許さないフォンタナ・アルテ社の感性と技術が全面的に表現された作品です。優美なカーブをもつフォルムと均一でムラのない透過光が、独創的な光のオブジェを創り出します。

●E26 普通ランプシリカ 60W×1
●高・350 巾・φ300 全長・2000mm 質量・2.5kg
●鋼塗装仕上 ガラス
●簡易取付型
●イタリー製
●68,250
Fontana Arte / フォンタナ・アルテ  2006.11.01

「Flute 1」

SS136.jpg

1945年ミラノ出身の建築家でありプロダクトデザイナーであるフランコ・ラッジによる、クリアガラスの透明感が清楚なインテリア空間を演出するペンダントです。光源からの光は内側のセードの反射鏡により制御された下方にのみ広がりますので食卓や、机上に最適です。2001年コンパッソ・ドーロ受賞。

●E17 ミニクリプトンランプホワイト 60W×1
●高・370 巾・φ185 全長・1500mm 質量・1.1kg
●ガラス
●引掛シーリング付
●イタリー製
●コンパッソ・ドーロ受賞
●105,000
Fontana Arte / フォンタナ・アルテ  2006.11.01

Fontana Arte / フォンタナ・アルテ



フォンタナ・アルテ社は20世紀イタリアを代表する偉大な建築家、ジオ・ポンティが1932年に創設したガラス照明メーカーです。
ルイジ・フォンタナ社の芸術部門として設立された同社はステンドグラス窓の作品で有名になり、ミラノのドゥオモをはじめ多くの教会や大聖堂に収められています。
ガラスを扱ううちにポンティはインテリアエレメントとしての側面に着目し、照明器具やオブジェの製作に力を入れはじめました。
その結果短い期間に新しいコレクションが市場を席巻し、多くの邸宅で採用されました。
その後一時期、多国籍企業グループの買収によりガラスとデザインの良き絆が崩れかけたこともありましたが1979年に経営に携わったカルロ・グリエルミにより新たな活性化プロジェクトがスタートしました。
著名な建築家がコンセプトやデザインを提案し、ガエ・アウレンティがアートディレクターとして活躍しました。ピエロ・カスティリオーニ、エットーレ・ソットサス、レンゾ・ピアノ、ディビット・チッパーフィールドなど多くのデザイナーや建築家が参加しています。
fontanaarte.jpg
Fontana Arte / フォンタナ・アルテ  2006.11.01

リンク

プロフィール

長野聖二

Author:長野聖二
建築・家具デザイン
長野聖二・人間建築探険處
860-0023 熊本県熊本市河原町2
TEL&FAX 096-354‐1007
URL http://www.fieldworks.biz
E-mail info@fieldworks.biz

Twitter

ナガノセイジ < > Reload

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: